2017年5月25日木曜日

ビハインド THE 館山大会②/君の名は。

年に1度だけ逢える彼女。

今年で5回目。

毎年、衣装を変えて待っていてくれます。

ようやくその名を知ることができました。

【キャサリン】


また来年も逢えるのを楽しみにしています。(笑)

館山大会に参加される方は、ぜひ逢いに行ってください。

2017年5月24日水曜日

ビハインド THE 館山大会①。

まずはシレーナチームを支えたサポートチームの

お仕事をご紹介していきましょう。


選手のウオーミングアップ開始時間、

オフィシャルトップ(競技開始時間)の確認。


忘れないように手の甲にメモ書きしておきます。


ウオーミングアップ&競技のサポート。


競技中の意識確認や時間を知らせたり、

意識を保つために話しかけたりと神経を使うお仕事です。


ダイナミックは選手の安全管理やリラックスさせるために、

念を送ったりします。(笑)



選手のリクエストにもあれこれ応えます。


チームを和ませるのもサポートの大切な役割ですね。(笑)


選手が良い記録を残せたときは、自分のことのように嬉しい♪



今回は専属チームがいたので競技に集中できましたが、

本来は選手同士でサポートしあいます。

サポートもできてフリーダイバーですよ〜

ぜひ、こちらのスキルも普段の練習であげてくださいね。

2017年5月23日火曜日

館山大会⑤。

ということで、チームシレーナはホワイト&自己ベスト連発。

日頃の練習の成果を存分に発揮してきました。

またそれをサポートメンバーの力が大きかったのも見逃せません。

チーム一丸となって得た結果ですね。

初日のスタティック表彰式。

スタティック2位表彰台。




続いてダイナミックアプネアウィズフィン。

種目別優勝!2連覇!




ダイナミックアプネアウィズアウトフィン。




そして、総合優勝!2連覇することができました!


またみんなで支え合いながらコツコツ練習を積み重ねて、

大会で良い結果を出せるように頑張りましょう!

明日からはビハインド THE 館山大会と題して、

大会の裏側をお見せしましょう。(笑)

2017年5月22日月曜日

館山大会④。

さて、最終種目ダイナミックウィズアウトフィン。

競技順はウィズフィンと同じ。

競技前に円陣を組んで気合を入れるメンバーたち。


すでに競技が始まっていたので…

「頑張るぞー!」(小声)

「おー!」(小声)

という気合が入ったような和んだだけのような円陣となりました。(笑)


荒木さん 50m ホワイト 自己ベスト


石田さん 63m ホワイト 自己ベスト


競技3分前にこの和やかさ。(笑)

安心してください。

2分あれば集中できますよ!


大井 139m ホワイト 自己ベスト

ノーフィン種目は全員ホワイト&自己ベストで締めくくりました。

結果発表&閉会式につづく。

2017年5月21日日曜日

館山大会③

2日目にして最終日はダイナミック2種目。

フィンありとフィンなしで一息の潜水距離を競います。

今日の競技順は…

荒木さん(サポート伊藤さん)→

石田さん(サポート中川さん)→

大井(サポート中川さん)です。

まずはフィンあり(DYN)のスタート。


荒木さん 80m ホワイト 自己ベスト


石田さん 117m ホワイト 自己ベスト


大井 175m ホワイト

で、午前中の競技終了。

午後のフィンなし種目へつづく。

2017年5月20日土曜日

館山大会②

この大会はプール競技3種目を競い、

種目別、3種目総合で順位がつきます。

総合優勝は1種目でも記録を残せないと上位は難しくなります。

初日はスタティック種目。

水中で息こらえの時間を競います。

シレーナチームの競技順は…

石田さん(サポート中川さん)→

大井(サポート中川さん)→

荒木さん(サポート伊藤さん)


石田さん 4分18秒 ホワイト 自己ベスト


大井 6分21秒 ホワイト


荒木さん 4分32秒 ホワイト 自己ベスト

全員ホワイト(記録認定&2名自己ベスト)で終了!

全員、上々の滑り出しとなりました。



そして、私、2位表彰台。

去年はこの種目は表彰台に乗ることができなかったので、

素直に嬉しいです。

これからちゃんと練習します。


と、初日の失敗できないプレッシャーから少し解き放たれたのでした。(笑)

2017年5月19日金曜日

館山大会①。

今年もやってきました恒例行事。

【フリーダイビングインドアカップin館山2017】

今回はシレーナでフリーダイビングを楽しんで頂いている皆様と一緒。

選手3名、サポート2名で大会に挑みました。

まずは金曜日の移動から。

長時間のバス移動。

全員、ほぼ全行程寝ているというリラックス具合。(笑)


新宿で館山行きへ乗り換え。


館山到着は鈴鹿を出発してから10時間後。

長い遠足はようやくゴールを迎えるのでした。